青春四柱

KyuHyun(キュヒョン) さん
 





1988

2

3

    (己)  
  正財 正印
正財 劫財 正官
桃花
貴人







59 49 39 29 19 9
 
五行の分布
  13   13   25   0   25  
 
 
 
 
 
 
 
 
五行と本人の本性
KyuHyun(キュヒョン)様は休息と安定の中で芽生えの気運が差し込む新たな夜明けの季節に 戊土という五行の成分によって身と心が作られ、この世に生まれました。東洋哲学では陰陽五行論だと言って陰と陽に区分された五つの象徴、すなわち10種天干(十干)として存在論的な説明を詳しくしていきます。
戊土(あなたの身体と精神の根源)は土の性分を持つと言えます。土の気運と形質を象徴したものです。戊土は大きな山や広い原野、荒野、川や湖を阻む堤防などを意味する、規模の大きな土を指します。戊土の本性は泰山のように頼もしくて寡黙であり、静かで言動が慎重であることははもちろん、度量が広くて包容力も大きいと言えます。土は万物を包み込んで成長させる土台になるので、芯がしっかりしておりよほどのことでない限り搖れない重みがあります。あなたはこのような戊土の性分を体と心に授かってこの世の中に生まれました。
 
本人の格
四柱で格と言うのは、その人の精神、または考えがとどまっている所を言います。人の考えを把握することは四柱解釈の始まりであり、また運命の謎を解いていく一番重要な過程とするのです。格はKyuHyun(キュヒョン)様が大人に成長して、本人の考えと精神が社会と出会って自らの人生を生きて行こうとする時、現われる本人の窮極的な目的だと言えます。 KyuHyun(キュヒョン)様の身と心である戊土が月支の丑土に臨み、正財という格(四柱の基本構造)を形成しました。
正財というのは正当な努力で得られた財産、という意味で、道徳的で正確、勤勉でまじめなことを最高の価値だと考えます。計算が正確で、あげる物はあげて貰う物は貰い、馬鹿げた考えや非常な方法は排撃します。華やかではありませんが、職場と家庭を優先して考えて、先の見通せる正しい生を生きて行くために努力しなければならない、という考えを持っている性分です。 このような正財という性分で格を成しているので正財格と言え、格の清雅な面がやや不足している構造ですが、しかし正財格の中では上等の格ということができます。
 
格の活用
格が形成されれば、次に格をどの様に活用するのかを把握しなければなりません。本人の考え、或いは精神がどんな方向や志向を持つかを把握する段階が格の喜神を判断する過程です。格を生の目的だと言ったら、格の喜神と言うのは、目的を達成する為の手段であり、方法と言え、格の活用を捜す救いの神だと簡単に整理することができます。
月支にある丑土、正財が木として活用と方法を捜すので、木を格の喜神と言えます。逆に丑土、正財の活用を邪魔する成分を忌神、凶神または妨害神と言うので、KyuHyun(キュヒョン)様の四柱では土の成分を忌神と言えます。
四柱解釈とは本人の星である日干の戊土とその他の7文字との関係を説明し出す過程で、7字の中で一番重要な核心となることが格である。そして格の活用である忌神と言えます。以下では具体的な内容別で説明するようにします。



   

戻る

ページトップへ戻る▲