四柱推命

四柱推命とは、四柱命理学とも呼ばれる運命の理致を尋ねる学問のことです。
四柱推命は、あなたの生まれた年、月、日、時刻から天干(=十干)と地支(=十二支)を割り出し、8文字に現れる陰陽五行を応用して運命を予測しています。
陰陽五行とは古代中国で発生した哲学思想で、大自然の万物は大きく分類して陰と陽の二つの属性で認識することが出来るというものです。
木、火、金、土、水という五行を通じて変化を繰り返すように、人間も生まれるその瞬間に、宇宙、大自然の気運を受けて固有の陰陽五行的なコードを与えられるのです。
このコードの構造を分析することによって、生まれ持った運命的な気運を推理することができます。

命式   大運

1 四柱

「四柱」とは、年柱、月柱、日柱、時柱の総称で、生年月日と時刻から割り出されており、人生を4分割した時代を表しています。

四柱と年代の関係
老年期中年期青年期幼年期

2 干支

十干(じゅっかん)と十二支(じゅうにし)を合わせたものを干支(えと)といい、この二つの組み合わせで、すべての気運を表しています。
十干は天から流れる五行の気運を示し、十二支は地で四季が繰り返す五行の気運を表しています。

十干の種類と特性
区分
読み方きのえきのとひのえひのとつちのえつちのとかのえかのとみずのえみずのと
陰陽
五行
十二支の種類と特性
区分
読み方うしとらたつうまひつじさるとりいぬ
陰陽
五行
陰暦111212345678910
四季
時間23〜0101〜0303〜0505〜0707〜0909〜1111〜1313〜1515〜1717〜1919〜2121〜23
十干
方位北東東北東南南東南西西南西西北北西

3 当令神

十二支の中にはそれぞれの十干の気運が保存されており、それを支蔵干(地支の中に保存されている天干)といいます。十二支の中に構成されている十干は十二支の文字ごとにそれぞれ異なります。
上の表を例にすると、辰というのは十二支の中には乙・癸・戊という3つの十干で成り立っています。この3つの十干はひと月30日を基準にして、それぞれ乙(9日)、癸(3日)、戊(18日)を管掌しています。
ここで乙は月の始めから9日間までを管掌するので、初期当令といい、癸は乙が終わる時点から3日間を管掌するので中期当令、戊は最後の18日間を管掌するので正期当令と呼びます。
上の生年月日を万歳暦で捜してみれば「戊申日」は「丙辰月」の始めから10〜13番目にあたる期間にあることから、中期当令である「癸」にあたるので癸を記録しておいたのです。
このように決められたことを当令神といいます。これを記録する理由は四柱を解釈する時、「四柱八字」の八つの文字以上に重要な内容だからです。当令神を参考にして四柱の構成的特徴を把握します。

4 六神

六神とは、四柱八字を解釈するときの核心のことで六親、十神、十星ともいいます。運命の主人公である日干と他7文字との関係を表すことで、残りの字との相生(そうせい)、相剋(そうこく)関係を通じて、父母、兄弟、妻、夫、子供などの血縁関係を解釈し、また社会的な地位、名誉、人間関係、知識、技術、財産などについて導き出します。

六神の長所、短所
長所短所
食神楽観的、豊饒、活動的、能力発揮怠惰、優柔不断
傷官才能、献身的、適応能力、臨機応変プライドが高い、傍若無人、妨害、無秩序
正印(印受)知恵、学問、人情、礼儀利己的、プライドが高い
偏印才能、アイデア、適応力、変化気まぐれ、孤独
正財勤勉、誠実小心、けち
偏財活動力、財物欲心、投機
正官名誉、人格、信用、責任、道徳、秩序受動性、保守
偏官権威、義理、改革、組織、企画強勧、闘争
比肩自立、決断、実行独断、頑固、孤立
劫財野心、豊富、自我実現強圧、我執

5 神殺の意味

神殺と言うのは五行と六神の装飾物に該当しており、因縁による善悪を担当しています。これは、ある物象の気勢を正確に把握する指標になります。神殺は普通「12神殺」といって、主に12種程度を使います。年支を基準にして四柱で神殺を把握するようになります。
本サイトでは7種の代表的な神殺のみを記録しました。上の四柱を見れば、日支にある「申」と言う文字が「駅馬」、時支にある「卯」という文字が「桃花」と言う神殺に該当するという意味を示します。

神殺
劫殺外部から発生する災い、官災、事故を主導する殺
地殺変化と移動を主観する殺
亡神軽挙妄動による災いをもたらすしたり、是非、そしりに巻き込まれるようになる殺
駅馬移動、旅行、運送、通信などにあたる殺
桃花華やかさ、風流などを意味したり、否定的に使われる時は色情、遊蕩さとして解釈される殺
華蓋芸術の星とも言える。普通文学、芸術、信仰と係わる作用だ。
元辰対人関係で相互不信、猜忌、妬み、恨みなどを意味し、別居或いは離婚、別離を意味したりする。

なお、空亡とは10個の十干と12個の十二支をお互いに合わせて一つのまとまりを作る時、 二つの干支が余ってペアになる事ができずに残るようになることをいいます。その二つの干支は空虚で力が無いという意味があります。空亡を早く捜す方法としては、日柱を基準に順番に「60甲子」を見ていく中で、甲と乙のペアになる干支が空亡といえます。
四柱八字に空亡にあたる文字があれば、その字を解釈するには別の判断が必要です。上の四柱を見れば、時支にある「卯」という文字が「空亡」に該当します。

6 大運

大運とは、10年単位の時間の区別のことです。先天的に生まれ持っている四柱(命)が、歳月が流れて後天的に巡って来る時間(運)と出会う時、どんな調和を成しているかを判断し、時期別の吉凶を予見するものです。したがって、大運の一つのスパンは10年間の運勢を担当するようになります。大運を記録する時は月柱から始めます。
生まれた年の十干が陽年(甲丙戊庚壬)の場合と、陰年(乙丁己辛癸)の場合に分けて男性が陽年に生まれた場合と、女性が陰年に生まれた場合は月柱から順行方向に向かって六十甲子を進めて記録します。 反対に、男性が陰年に生まれた場合と女性が陽年に生まれた場合は月柱から逆の方向に向かって六十甲子を進めて記録します。

7 六十甲子

六十甲子とは、十干の10字と十二支の12字の組み合わせのことで、「甲子」から「癸亥」まで60種類あります。すべての年、すべての月、すべての日がそれぞれこの60種類のいずれかになっており、また、年は60年で一巡、月は60ヶ月で一巡、日は60日で一巡します。

8 大運数

大運数とは、自分の誕生日から節入日(節気が始まる日)までの日数を3で割って余った数のことで、決まった大運が何歳から始まって何歳までに該当するのかを知らせてくれます。上の表にある四柱は、7を基準として大運が進行されています。したがって10年周期の大運を把握する時は、8歳〜17歳、18歳〜27歳、・・・ というに進行されます。

ページトップへ戻る▲